11月 16日 2021年

上場物流企業の2021年度中間決算は、8日から12日の間に発表した23社のうち増収は22社、営業増益は21社となり、8日以前に発表した22社(本紙9日付)の状況とほぼ同様だった。今回、増益となった21社はすべて2ケタ増益で、これまでに発表した45社の8割を超える37社が2ケタ増益となった。うち約半数の18社が4割を超える増益。通期見通しを上方修正する企業も45社中17社に達した。この結果、前中間期2ケタ減益・今中間期2ケタ増益はほぼ半数の21社にのぼった。

 

【日本通運】国際牽引、予想上回る

【ヤマトHD】法人売上391億円増

【JR貨物】連結売上高、14億円増

 

 

荷主に協議求める【国土交通省】運賃に燃料価格反映を

 

ドローン配送開始【セイノーHD エアロネクスト】山梨県小菅村で社会実装

 

高度情報利活用も【日本経団連】CN行動計画策定

 

取引改善応援サイト  中部運輸局が立ち上げ

 

燃料費上昇分据え置き  国交省が情報提供求める

 

カルタス グループ化【センコーGHD】シナジーでシェア拡大を

 

【SAGAWA ACCELERATOR PROGRAM】 最優秀賞にトレードワルツを選出

 

【近畿共済】弁護士費用特約へ

 

 

 

 

【2021年11月16日(火)付】

 

 

 

 

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri