10月 29日 2021年

深刻な人手不足が続くトラック業界。ドライバーはもとより、運行管理者の不足を嘆く事業者が出てきている。新総合物流施策大綱では「ICT(情報通信技術)を活用した点呼の推進」として、遠隔点呼やロボット点呼の導入を示した。来年には終業点呼からロボット点呼が認められる見通しもあり、関心を示す事業者が増えている。

 

 

 

キット2プラスへ進化【日貨協連】標準的な運賃の参考表示も

 

国際事業の物流増【日立物流】アジア圏リーダーへ進化

 

派遣3年制限撤廃を【商工会議所が意見】本社でIT点呼可に

 

貨物けん引の新戦力【トヨタL&F】電動トーイングトラクター

 

変化に対応し戦略を【全運研】運送事業経営研究集会「コロナ後の物流」

 

代替ルートなど提供【Spectee】画像データをAI解析

 

福岡空港RC新設【福山通運福岡支店】リニューアルに着手

 

共同輸送マッチングサービス開始【JPR】群馬大学とコア技術を開発

 

清涼飲料水の輸出、20年の数量・金額は過去最高(全国・近畿圏)【大阪税関】港別シェア 大阪港が全国トップ

 

 

 

 

【2021年10月29日(金)付】

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri