10月 15日 2021年

世界の主要国がカーボンニュートラルを宣言し、気候変動に伴う業績への影響の開示を企業に義務づける方向にある。企業にとって、社会的責任をどう果たしていくかという非財務情報が投資判断の対象となる可能性を秘めている。そうした中、CO2排出削減に貢献しようとする動きやサービスの提供も今後活発化していくものとみられる。

 

 

 

CO2排出量も算出【日本通運】ワンストップ・ナビ、最適モードを検索

 

課題解決へ動き出す時【運輸労連】運研集、転換点に立つ認識を

 

EV(1トンクラス)1万台【SBSHD】ラストワンマイルで導入

 

次世代バイオディーゼル燃料使用【JR貨物】ユーグレナ製、越谷ターミナルで

 

オーバーハング是正を【加工食品卸協会】メーカーにパレット積付けで要望

 

ローカルネットNEXT稼働【JL連合会】WEBAPI連携で利便向上

 

標準化、活用することが重要【髙田公生・国土交通省総合政策局物流政策課長】

 

 

 

【2021年10月15日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri