9月 27日 2021年

2021年上半期(4~9月)が間もなく終わる。前年同期はコロナ禍で多くの企業が業績を落としたが、「会社四季報2021年秋号」(東洋経済新報社刊)にある「陸運」「倉庫・運輸」を合わせた76社(旅客輸送除く)の上半期営業見通しでは、横ばいを含めて9割の企業が営業増益を見込んでいる。荷主に従来以上の効率化を提供する努力はあるが、エッセンシャルワーカーとしての責務を果たした対価が支払われていることを示しているようだ。

 

 

 

 

共同で待機時間削減【日立物流など5社】自動運転フォーク活用

 

歩行レス出荷システム採用【資生堂】大阪のSC拠点が始動

 

不在荷物の店頭受取トライアル【佐川急便とローソン】長崎で21日から開始

 

ブロックトレインの運転を開始【西濃運輸】東京貨物ターミナル駅~東福山駅間

 

来年1月から平均4.9%の値上げ【DHLエクスプレス】インフラ・ネットワークへの投資

 

10月8日からホワイト物流推進運動セミナー【国土交通省】オンライン開催

 

新社屋で仕事のプロセス、ワークスタイルの抜本的変革に取り組む【NXグループ】

 

 

 

【2021年9月24日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri