9月 14日 2021年

日本郵便と佐川急便は、両社の強みを生かした新たな宅配便事業体制を構築するため、協業していくことで10日、基本合意した。まずは小型宅配便、国際宅配便、クール宅配便の3分野を対象に協業を開始し、ワーキングチームを組成して3分野以外にも広げる。

 

 

 

各地でSC強靭化へ【10ブロック】インフラ重点計画決定

 

地域物流モデル構築【環境省採択】バッテリー 交換式EV開発と併せ

 

代行輸送5408個【JR貨物】大雨により900本運休

 

長期借入金が増加【帝国データ】今後過剰債務の懸念も

 

経産大臣賞など受賞【日立物流】大型装置 輸送用梱包材を開発

 

在庫可視化が不可欠【ゼブラ】買い物客の変化に対応 新製品を投入へ

 

【沖縄地区税関】バナナの輸入  20年は数量・金額とも過去最高を記録

 

手軽に運行管理を【パナソニック スマートドライブ】ETC2・0車載器活用

 

買いたたき監視強化【公取委】荷主との 価格交渉状況を調査

 

オンラインと併催 来年2月1~2日 ソリューションフェア【JILS】出展者を募集

 

【物流雑学辞典】第132回 貨客混載

 

 

 

 

【2021年9月14日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri