8月 20日 2021年

全日本トラック協会がまとめた4~6月期の景況感(速報)によると、業況判断指数はプラス14(9ポイント上昇)と4期連続の改善となり、2018年12月調査以来の高水準となった。ただし、7~9月見通しは、新型コロナの再拡大による経済活動への影響を織り込み、▽34.5(11.9ポイント低下)と悪化する見込み。

 

 

 

 

低・脱炭素化実現へ【センコーなど3社】連携でPPAスキーム構築

 

物流情報プラットフォーム【福岡運輸】福岡市DXモデル事業に認定

 

物流DXに上乗せ【モーダルシフト等推進事業】22件の交付を決定

 

21億円超の資金調達【シリウスロボ】中国や欧米でも事業展開

 

2020年度宅配便5億個強増加【国土交通省】メール便 すべての便で減少

 

BCP作成の手引き作成【全ト協】まずリスクを洗い出す

 

26日に物流DX自動化セミナー【日通総研】最新物流危機導入の実例を紹介

 

アストラゼネカ製ワクチンを日本から輸送【郵船ロジ】台湾、ベトナム、インドネシアなどへ

 

メディカルライナーを関西エリアに拡大【NTTロジスコ】新たにロゴマーク作成

 

 

 

【2021年8月20日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri