8月 13日 2021年

経済産業省は、2020年の世界のBtoCーEC市場について考察した。市場規模は、中国が2兆2970億ドル(前年比27.5%増)、次いで米国7945億ドル(同32.0%増)、英国1804億ドル(34.7%増)、日本1413億ドル(同14.4%増)、韓国1106億ドル(同27.0%増)の順で、中国の市場規模の大きさが際立っており、2位の米国とは3倍近く、3位の英国とは10倍近くの開きがあった。

 

 

 

国民目線で仕事を【山田事務次官】カーボンニュートラル 局の垣根取り払い

 

物販系は22%の伸び【EC市場】越境ECは年率30%予測

 

北米のAzuga買収【ブリヂストン】デジタル活用したモバイルソリューション提供

 

千葉に初の物流施設【小田急不動産】西濃運輸が入居 最大外部倉庫に

 

運賃指数は116【KIT7月】23カ月ぶり前年比プラスに

 

佐川GLに35台導入【プラスA】仕分けロボで処理能力最大化

 

史上初の電気式貨物機”Alice”12機発注【DHLエクスプレス】1人のパイロットで1200㎏の貨物を輸送

 

デジタルフォワーディングサービス開設【日新】オンラインで一元管理が可能

 

国内初「リース料は走った分だけ」【三菱ふそう】8月1日からサービス開始

 

 

 

 

【2021年8月10日(火)付】

 

 

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri