7月 16日 2021年

日本通信販売協会は、2020年度通販広告実態調査報告書をまとめ、「今なら送料無料キャンペーン実施中」などの広告を打ちながら別配送料がかかる旨が小さく表記されて読みにくいなど適正性が疑われると判断された広告について評価検証を行った。今後、広告表現の改善を依頼するとともに、消費者に対しても慎重な購買行動を取るよう求める。

 

 

<成長を後押しするEC物流特集>

上流工程を強化へ【ヤマト運輸】ワンヤマトで事業を強化

 

ハブ倉庫20万㎡へ 25年度【日本郵便】スモールロジ戦略と2軸で

 

【SGホールディングス】ECプラットフォーム開設 今後の展開の第一歩

スマートAPI 1回で受取り可能に

越境EC 販路拡大をサポート

 

大切なのはスピード【シリウスジャパン】ピッキング支援ロボ販売

 

AMRの普及目指す【ROBOCREW】EC事業者の事業拡大サポート

 

事故データまで提供【オープンロジ】EC特化型WMSを提供

 

人海戦術で信頼獲得【角川流通倉庫】エンタメ系EC商材を拡大

 

越境EC拡大に期待【カンダホールディングス】国際宅配でサービス拡充

 

専用プラットフォーム【日立物流】シェアリングでサービス提供

 

 

 

【2021年7月16日(金)付】

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri