7月 13日 2021年

国土交通政策研究所は、「物流分野における高度人材の育成・確保に関する調査研究」の最終報告をまとめた。高度物流人材の要件を「経営全体の視点・業界全体の視点・社会的責任の視点から最適化を実行できる人材」とし、物流に関する各主体が相互に連携していくことができる教育体制づくりを検討することを決めた。

 

 

 

CBTA再開加速を【日系経済界】ASEANに提案

 

今こそ意思表示を 難波委員長【運輸労連】定期全国大会 書記長に杉山豊隆氏

 

副会長6人を選定【全ト協理事会】「適正化」と「活性化」で新時代を

 

データ共有で価値向上【経産省】百貨店生き残り策 求められる物流協調

 

【KWE】新型コロナワクチンをベルギーから関空へ

 

DX実践をテーマに【TDBC】ワーキンググループ 活動の成果を発表

 

【製・配・販連携協議会】情報共有を前倒し 大賞にライオンなど3社

 

【物流雑学辞典】第129回 マニフェスト通関

 

 

 

 

【2021年7月13日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri