7月 6日 2021年

日通総合研究所は、3月に公表した2021年度の経済と貨物の輸送の見通しを改訂した。国内貨物輸送量は、2020年度が想定より大きな落ち込み(6.3%減)となったことから21年度は再上方修正したものの、19年度比では3.0%減と力強さにかけるとしている。

 

 

 

年度内に制度化案【運行管理高度化検討会】IT点呼のなりすまし防止

 

新社長に小木曾氏【日野自動車】変革の時こそ「人づくり」を

 

歩合給が2割減(男性運転者)【全ト協調査】賞与含め年額30万円減

 

DX顧客満足が課題【国土交通白書】物流の未来の姿も描く

 

収蔵品デジタルアーカイブサービス販売開始【日本通運と富士通】美術館や博物館対象

 

首里石鹸のSC構築に向けた取り組みを開始【コーカサスとヤマトグループ】

 

置き配を安心して利用するための保険を導入【日本郵便と損保3社】

 

新たに3拠点でGDP認証取得【インド日通】徹底した品質管理を提供

 

セカンドストリートと相互紹介【日本通運】国内引越で1日からスタート

 

 

 

【2021年7月6日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri