6月 15日 2021年

政府のSIP(戦略的イノベーション創造プログラム)スマート物流サービスは、物流・商流データ基盤の1つとして研究開発を進めている地域物流について、近く地域物流ネットワーク推進協議会を発足させ、荷主企業を中心に参加者を募る。荷主からの事前発注情報をデータ基盤に載せ、運送事業者の空きリソースとマッチングする。

 

 

 

【ヤマト総研とNRI】フィジカルインターネットの取り組み発信

 

【日冷倉協】新会長に池見氏 マルハニチロ

 

【第2回 関西物流展特集 2~6面】 6月16~18日の3日間 インテックス大阪で開催

【NLJ】  積載効率を最大化  新たな幹線輸送スキーム構築

【全国通運連盟】  「エコン亭」寄席放映  接触機会少ない大量輸送

【データ・テック】  AI搭載のデジタコ  映像機能の高精度化実現

【東計電算】  Trustar スマホで配送管理   設計~運用保守をサポート

【寺岡精工】  “ハカル”で物流改革  入荷~出荷まで、課題解決を

【テレニシ】  IT点呼キーパー  4つの点呼データを一括管理

【シリウスジャパン】  ピッキング支援ロボ  容易に導入、変更も自在

【アイオイ・システム】  ショールームを体感  床面照射の新製品など展示

【GROUND】  総合ソリューションを展示

【センコー商事】  猛暑対策からSDGs対応まで

【共栄システム】  物流DXをラインアップ

 

 

 

 

【2021年6月15日(火)付】

 

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri