6月 1日 2021年

事業用自動車事故調査委員会は、社会的影響が大きい事故2件(大型トラック追突事故・大型乗り合いバス衝突事故)について分析した調査報告書を公表した。トラックの事故は居眠り運転による典型的な追突事故で、休息が十分でなく注意力が低下し発生した。

 

 

 

100%の消費者に認知【新物流大綱】代表的なKPI設定

 

届出先行方式も容認【標準的運賃】4月末現在 届出率13.2%に

 

食料品に成長みえる【丸運】21年度は減収増益予想 海外ネット拡充へ

 

アイオイ・システムを買収【凸版印刷】物流DX市場に本格参入

 

AIドラレコ導入【鴻池運輸】全車両2500台に

 

希望日の荷役が困難【国土交通省】初の港湾労働者不足調査

 

名古屋でセミナー【日本通運】テーマは「脱炭素社会に生き残るロジスティクス」

 

がん検査の全国展開を輸送で支援【セイノーHD】検体輸送を一括受託

 

2日から東京で開催【運輸・交通システムEXPO】8月26日から大阪でも

 

 

 

 

【2021年6月1日(火)付】

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri