5月 25日 2021年

名古屋税関は、2020年度の自動車の輸出動向をまとめた。全体の輸出総額69兆4874億円のうち、自動車の輸出は総額の約14%に当たる9兆5111億円、名古屋税関管内の輸出額は4兆6718億円で全国比約50%。全国の輸出台数・金額は約20%減だが、ガソリンHV車と電気自動車は過去最高を更新した。

 

 

 

特積みの優位性発揮【セイノーHD】時空超えたロジサービスへ

 

海外事業を強化へ【ニチレイロジ】欧州、設備能力の増強相次ぐ

 

トラック1718社合格【働きやすい職場認証制度】7月に2回目の申請

 

全輸送モードに対応【日本通運】プロテクトBOXリニューアル

 

新型コロナワクチンの国内、接種会場への流通体制形成【武田薬品、KWE、三菱倉庫など】

 

国内物流拠点を再構築【ニトリHD】石狩市に物流センター新設

 

愛知県に約1万6千坪の物流施設を【SBSリコーロジ】中部エリアで初の自社センター

 

RFID活用へ新会社【丸紅と出版3社】出版流通の課題解決へ

 

栗和田氏が社長兼務【SGHD】荒木氏退任、代表取締役に松本氏

 

 

 

【2021年5月25日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri