5月 21日 2021年

カーボンニュートラルに向けた自動車政策検討会(経済産業・国土交通省共管)は19日に最終(第5回)の検討会を開催し、全日本トラック協会や物流連など25団体に行ったヒアリングの結果をまとめた。技術開発から生産・社会実装までの強力な政策的・財政的支援、国際競争力を強化する技術誘導政策を中心に構成されている。

 

 

 

需要回復が本格化【日本通運第4四半期】緊急航空輸送で大幅増収

 

12期連続経常増益【センコーGHD】料金改定や生産性向上なども効果

 

モーダルシフト協力者公募【東京都】東京港から鉄道へ、費用の一部を補助

 

低環境で高い強度【日本通運】EPS製パレット開発

 

容易に設置、変更も【シリウスジャパン】ピッキング支援ロボ販売

 

産地からの直送有効【食品輸出拡大策】拠点単位に大ロット化を

 

23年度売上目標730億円【澁澤倉庫】長期ビジョン・新中計策定

 

死亡100人下回る【陸災防】昨年の確定値、死傷者は高止まり

 

岐阜羽島PDC開設【センコー】東海・北陸地区の拡販に

 

 

 

【2021年5月21日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri