5月 14日 2021年

2021年3月期に増配を行った上場物流企業は、これまで決算発表した33社のうち実に18社にのぼる。増配の理由は配当性向の目標を勘案してが多く、機動的に増減配するのは近年よくあることだが、ここまで多いのは珍しい。コロナの影響を感じざるを得ない。

 

 

 

近鉄G所有株をTOB【福 通】適切な協力関係は維持

 

23年度売上高1600億円めざす【トナミHD】新中計、投資200億円(3カ年)計画

 

サポロジを設立【センコー】軽貨物の求荷求車システムを開始

 

鉄道、飲食や紙関連減少【日本通運】内航、トラック輸送に回帰も

 

初のCFCを千葉に【イオン】次世代ネットスーパーを実現

 

REE社と業務提携【日 野】商用モビリティ、新たな価値創造へ

 

「災害発生時の物流対応」でシンポジウム【流経大】伝票の標準化、在庫管理の基準化を

 

九州新幹線の貨客混載事業が本格稼働【佐川急便とJR九州】福岡~鹿児島で即日配達可能に

 

物流会社の設立など提携の進捗を発表【日本郵便と楽天】「JP楽天ロジスティクス」を設立

 

 

 

 

 

【2021年5月14日(金)付】

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri