2月 16日 2021年

国土交通省の「首都圏の新たな高速道路料金に関する具体方針」の骨子案がまとまり、2022年4月からの適用を目指した作業に入る。骨子案には、混雑状況に応じて迂回する道路の料金を安くし、混雑緩和する環境ロードプライシングの導入が示されている。菅首相が所信表明で「グリーン社会の実現」を掲げたことによって前倒しされることが予想される。大口・多頻度利用者が戸惑わずに利用できるよう、業界側からの提案取りまとめ作業が求められる。

 

 

 

荷主・物流事業者 連携施策が柱に   カーボンニュートラルへ 検討開始

 

鉄道コンテナで混載輸送【ユニ・チャームとサントリー】重・軽量品組み合わせ

 

倉庫が2兆円超える【産業連関表】17年の国内総供給 利用運送も高い伸び

 

ECと店舗流通は別【アイオイ セミナー】デジタル化 生産性向上が鍵

 

【矢野経済研究所が調査】物流のデジタル化が進み 倉庫内物流テック市場が伸長

 

組合員の期待大きい【全日通】21春闘要求 ヤマ場は3月18日に

 

新環境ビジョン策定【ダイフク】MH 環境負荷ゼロの世界を

 

 

 

 

【2021年2月16日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri