1月 12日 2021年

経済産業省は、2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略を策定し、政府の成長戦略会議に報告した。積載効率の徹底的な向上、地域内輸配送の電動化、長距離輸送の燃料の脱炭素化などにより、物流の脱炭素化に取り組むとしている。

 

 

 

拠点間往復輸送を開始【花王とライオン】スマート物流の一環

 

初の1万本超え、50%増【中欧班列】防疫関連の輸出が急増

 

ロボット連携を実証【SGシステムなど3社】入出庫も自動で

 

IT企業と業務提携【センコー】バーチャル試着技術導入へ

 

刈谷北物流センター竣工【日本通運】自動車産業の物流拠点に

 

物流構造改革、一気呵成に【国土交通省公共交通・物流政策審議官 久保田雅晴氏】

 

処方薬を即時配送【セイノーHD】薬局などと連携 全国展開を目指す

 

九州に物流拠点稼働【アステラス製薬】国内4カ所体制へ

 

「どらたん」セミナーを19日に開催【日通総研】ドライバー運行管理ツールを紹介

 

 

 

【2021年1月12日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri