12月 18日 2020年

菅首相が所信表明で宣言した「2050年カーボンニュートラル」。今後、普及に向けた基準の策定や技術開発、あるいは議論が活発化するとみられる。次期総合物流施策大綱は、標準化やデジタル化が大きなテーマとなっているが、その次の大綱ではグリーン物流の進化(抜本的な見直し)が議論されることになりそうだ。

 

 

 

大口多頻度割再延長【第3次補正予算】リフター導入支援も

 

道路貨物 5月最大12%減【総務省調査】売上高 倉庫業は6月から増

 

経営者の認識向上へ【グリーン物流パートナーシップ会議】16年目を迎える

 

新サービスで協業【日立グループ3社】安全運行管理トータルサポート

 

奥西・佐藤両氏に【ヤマト福祉財団】第21回小倉昌男賞

 

物流不動産 投資意欲は維持【JALPAセミナー】片山さつき氏もビデオ出演

 

大型ASVは20万台【国土交通省】新たな装置導入で伸びも

 

運賃指数は117【KIT11月】前年比12ポイント低下

 

新型コロナワクチンの国際輸送開始【DHL】イスラエルが初出荷分を受領

 

 

 

【2020年12月18日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri