11月 24日 2020年

厚生労働省がまとめた令和2年版過労死等防止対策白書によると、月末1週間の就業時間が60時間以上の雇用者の割合(2018年)は、減少しているとはいえ運輸・郵便業が17・0%と突出しており、全産業平均の11・6%を大きく上回っている。

 

 

 

配達や賃金に不安【運輸労連調査】マスクの個人負担も多い

 

手続き簡素化求める【日本経団連】国交省へ政策提言

 

【マンハッタン・アソシエイツ】常に最新機能利用可 クラウドネイティブ型WMS

 

【日本郵政 次期中計の基本的考え方】DX推進による郵便・物流事業改革など

 

神奈川県内にも拡大【NTTロジスコ】医療機器物流共同配送サービス

 

 

 

 

【2020年11月24日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri