11月 20日 2020年

菅内閣発足後、未来投資会議から衣替えした成長戦略会議は、年末の成長戦略の具体的姿を示す中間とりまとめに向け、検討を進めている。テーマは「わが国企業の事業再構築」「強靭なサプライチェーン構築」「新しい働き方の実現」。サプライチェーン見直しに際して、拠点の分散・多様化を検討する企業割合は大企業で2割弱だった。

 

 

 

輸送効率、改善基調に【全ト協】7~9月景況感 宅配は大幅な伸長

 

誘導車の配置を緩和【国交省】特殊車両CD条件 来年3月に施行へ

 

1次分52台を配備【日本通運】独自開発 医薬品専用車両

 

エアトランクと提携【トランコム】宅配型トランクルーム展開

 

輸出は92%関税撤廃【RCEP】中国向け 自動車部品5兆円分

 

鉄の団結で取り組む【JR貨物労連】定期大会を開催

 

<都市対抗野球大会特集>

日本通運硬式野球部ー頂点を目指して

 

 

 

【2020年11月20日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri