10月 30日 2020年

2020年度上半期(4~9月)の決算発表が始まった。「会社四季報2020年秋号」(東洋経済新報社刊)から「陸運」「倉庫・運輸」106社の見通しをみると、コロナ禍で多くの企業が「営業減益」となりそうだ。その一方、各社各様にアフターコロナを見つめた成長戦略を打ち出している。そのキーワードは、「3PL(物流の一括受注)」「効率化」「M&A]の3つに集約できる。

 

 

 

長時間労働、2省が実態調査【厚生労働省・国土交通省】運転者特別給付、後ろ盾メニューあれば

 

コロナ禍で1割減収【日立物流】新たな協創に向け、自己株式を活用

 

応募多数で追加措置【SC国内投資補助金】予備費860億円を充当

 

約4割が対面気になる【TSUNAGUTE】トラック運転手アンケート

 

1荷主依存度高まる【東ト協連運賃調査】「70%以上依存」63%に

 

時間短縮で物流向上【国土交通省】スマートC、12カ所など事業許可

 

19年のボトルワインの輸入と日本酒の輸出【東京税関まとめ】EUからの輸入が増加

 

医薬品の安全配送で共同実証を開始【富士通など4社】ブロックチェーンを活用

 

Peach運航便で貨物の取り扱い開始【ANA】11月1日から

 

 

 

【2020年10月30日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri