10月 2日 2020年

社会資本整備審議会国土幹線道路部会は「持続可能な国土幹線道路システム構築に向けた取り組み」と題する中間とりまとめを行い、高速道路の交通分担率を引き上げるための料金低減に努力する一方、必要な財源確保のため大型車対距離課金の導入を提言した。

 

 

 

年末年始に高速走行【北海道新幹線】貨物との時間帯区分で

 

新たな輸送方式検討【国総研】ラウンドユース促進へ

 

10万個/時を仕分け【佐川急便】Xフロンティア中継センター 来年から稼働へ

 

北播支店「11号棟」竣工【姫路合同】来年、危険物倉庫を追加

 

恒久化は時期尚早【国土交通省】タクシーによる食料輸送 同時混載も認めず

 

RORO船活用を【令和時代の内航海運】トラックを参考に中間提言

 

荷主のロジスティクス・ストラテジー2

オープンなプラットフォームを構築【Oisix ra daichi】生産者にトリプルWin提供

 

 

 

【2020年10月2日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri