9月 29日 2020年

国土交通省の2021年度予算概算要求が決定した。今回、シーリング(概算要求基準)は設定されず、基本的に前年度予算と同額要求の上、新型コロナウイルス感染症対応など「緊要な経費」は別途、要望できるようにした。同省の緊要な経費には、危機に瀕する公共交通や観光などへの支援に加え、インフラ・物流分野などのデジタルトランスフォーメーション(DX)の加速化として183億円を要求した。

 

 

 

経営統合を見送り【SGHDと日立物流】資本業務提携を一部見直し

 

投資促進税制延長を【税制改正要望】ASVは来年10月まで

 

5つの実証実験予定【飲料・酒物流】ASNや附帯作業見える化

 

磁気式が84%占める【産車協】無人搬送システム納入実績 レーザー式が急増

 

【SGリアルティ和光】CO2排出 実質ゼロ

 

園児などから高齢者に【埼ト協】反射材付エコバッグ贈呈

 

【東邦HD】京浜TT内に大規模高機能物流Cが稼働

 

【トヨタL&F】1000kg級を追加 シンプルAGV「キーカート」

 

【国土交通省】10月6日に事例紹介 食品流通合理化セミナー

 

【物流雑学辞典】第116回 特殊コンテナ

 

 

 

 

【2020年9月29日(火)付】

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri