9月 15日 2020年

2020年代の総合物流施策大綱に関する有識者検討会の第2回会合が11日に開催され、日本通運、ヤマトホールディングス、SGホールディングスなど7社の委員から現状の取り組みについてヒアリングを行った。標準化、プラットフォーム、デジタル化・DXがキーワードとして浮かび、委員からの質問もこれらに集中した。

物流3社ヒアリング  事業戦略を説明

 

 

 

1年かけ あり方検討【NOx・PM法】目標達成もなお注視必要

 

【栗田国土交通事務次官】事業継続・雇用維持へ支援継続

 

【KDDIなど5社】東京都のドローン物流プロジェクトに参画

 

抜本的に業務効率化【日本通運】北海道で電子契約サービス導入

 

非正規雇用が大幅減【今後の経済産業政策】危機耐性重視SC構築を

 

10月9日まで募集中【物流展】ロジのリ・デザイン テーマに

 

【心の栄養 論語を読もう 55】

 

 

 

 

【2020年9月15日(火)付】

 

 

 

 

 

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri