9月 11日 2020年

厚生労働省が公表した7月分の毎月勤労統計によると、これまで増加の一途にあった道路貨物運送業(一般労働者)の特別に支払われた給与(夏季一時金など)は、規模5人以上の事業場で14万9948円(前年同月比16.3%減)、同30人以上は20万9039円(同11.8%減)となり、全産業平均の3.5%減よりも下げ幅が大きかった。

 

 

 

12型と9型パレット混載【日本通運】飲料と即席麺を共同輸送

 

交通事故件数が大幅減【今年上期】飲酒運転事故は増える

 

GIGAスクール構想支援【佐川急便】パッケージ化し提供

 

道路貨物運送4.9%減【総務省】4~6月売上高 倉庫業、6月は増加

 

労働環境改善に注力【労連東京】定期大会を開催

 

物流用途の画像処理関連機器・システムの世界市場【富士経済】2025年予測5710億円(19年比7.1倍)

 

リニューアル版発売【UPR】サポートジャケットBb

 

「新幹線物流」を拡大【JR東日本】ポスト・コロナにらみ

 

整理品を出張買取【遺品整理士認定協会】エコノス社と提携

 

 

 

【2020年9月11日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri