9月 4日 2020年

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ラストワンマイル物流の実現に向けた自動走行ロボットの技術開発に着手、今月から約1年間かけて10の実証事業を行う。その1つに、佐川急便とソフトバンクによる「オフィスビル内外配送サービス」が選ばれ、ソフトバンクの新本社となる竹芝エリアで実証実験を行う。

 

 

 

子育て事業に参入【センコーGHD】プロケアがグループ入り

 

インドネシアに進出【キユーソー流通】低温物流企業4社買収

 

ピッキングロボ開発【JILS】Kyoto RoboとPALTAC ロジステイクス大賞

 

運賃指数は118【KIT8月】4月以降2ケタ減が続く

 

医薬品ネット構築中【日本通運】国内いよいよ来年2月提供へ

 

IoT宅配ボックス開発【ビットキーとパナソニック】ソフトバンクの実証実験に供給

 

無人搬送ロボット400台受注【日立製作所】MonotaRO 最大物流倉庫向け

 

月を追うごとに悪化【フォークリフト】7月 輸出が前年より半減

 

引越でシナジー効果【西濃運輸】トレジャー・ファクトリーと提携

 

 

 

【2020年9月4日(金)付】

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri