8月 28日 2020年

運転経験25年以上で50歳から54歳のドライバーの運行に注意ーー。近畿運輸局が、昨年重大事故を起こした事業者からの報告をまとめた中で、本来模範となる立場のトラックドライバーが、最も多く重大事故を起こしていたことがわかった。若年労働力の確保が進まない中、ベテラン運転者に負担がかかる状況は依然改善されていないようだ。

 

 

 

ファンド総額70億円【セイノーHD】スタートアップ3社へ投資

 

コロナ禍”思いを一つに”【全ト協坂本会長】エッセンシャル事業、幅広い理解を

 

粒子数規制導入へ【排出ガス】ディーゼル車は23年末に

 

4物流拠点を開設【アマゾン】品揃え強化と迅速な配送へ

 

自動車関連が大打撃【日本通運】第1四半期、海外会社の利益半減

 

南九州物流センター着工【福岡運輸HD】グループ初の冷凍自動倉庫

 

最低賃金902円 1円増【厚生労働省】可能な企業は前向きに

 

新型電気小型トラック発表【三菱ふそう】安全装備を強化

 

2020運賃を届出【福山通運】ドライバーの処遇改善図る

 

 

 

【2020年8月28日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri