8月 25日 2020年

今年度で期限を迎える社会資本整備重点計画・交通政策基本計画の見直しを検討する国土交通省の審議会計画部会が21日に開かれ、感染症への影響について各委員が意見を述べた。物流に関して、情報インフラが遅れていること、ただしコスト負担を事業者に負わせることは避けるべきことの2点を多くの委員が指摘した。

 

 

 

【運輸新聞 創刊100周年記念企画 特別対談】 ヤマトホールディングス代表取締役社長 長尾裕氏 VS 神奈川大学名誉教授 中田信哉氏

 

通販市場8・8兆円に【通販協会】8・2%増 ネット通販がけん引

 

【ヤマトホールディングス】新制服の着用へ 「働きやすさ」と「環境への配慮」を追求

 

9月16日から申請【日本海事協会】働きやすい職場認証制度

 

10月移行も継続へ タクシーによる食料運送

 

20日から全国展開【佐川GL】顧客同士 スペースシェアリング

 

「トラックの日」入選作品決定  清水さんにグランプリ

 

「じょぶたん」10月リリース【日通総研】9月8日に紹介セミナー

 

 

 

 

【2020年8月25日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri