8月 21日 2020年

トラック運送業界の雇用状況(労働力の不足感)が急速に弱まっている。全日本トラック協会がまとめた4~6月期の景況感によると、「不足」「やや不足」の割合は、1~3月が46.4%と半数近くに達していたのが、4~6月は34.5%と約3分の1に減少した。これが一時的なものかどうかが注目される。

 

 

 

3年後にV字回復へ【丸運】第3次中期経営計画を追加公表

 

再生エネ、政府目標超える【ウッドマッケンジー】水素の価格が課題、燃料電池自動車

 

中国輸出が増加に【7月の貿易額】米国向けも1兆円に回復

 

2019年EC投資6000億円に【アマゾン】オンラインセミナーで説明

 

本社でイベント開催【三菱ふそう】独自開発の塵芥車など紹介

 

運賃指数は114【KIT7月】前年10ポイント減も回復傾向に

 

リアル店舗とEC販売を相互に補完【上新電機と三井倉庫ロジ】物流改革に着手

 

荷台からの転落防止【厚生労働省がガイドライン】全ト協に推進要請

 

新造ケミカルタンカーが就航【センコーGHD】傘下の日本マリンが建造

 

 

 

【2020年8月21日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri