7月 10日 2020年

政府が近く策定する成長戦略実行計画2020は、自動配送ロボット、トラック隊列走行、ドローン、自動運航船のほかにも貨物自動車運送事業者による旅客運送、物流標準化、フェリー・RORO船効率化調査、ETC2.0データの民間への配信などを盛り込み、それぞれ開始時期や実現時期を明記する形をとっている。

 

 

 

3つの指標は踏襲【国土交通省】次期安全プラン策定に着手

 

単体の経常確保へ(20年度)【JR貨物】グループ社長会議を開催

 

再生資源をモーダルシフト【日立物流】物流環境特別賞に

 

常に運転者を把握【AIoTクラウド】テレマティクスサービスを開始

 

適正取引、流れ断ち切りを懸念【JILS調査】まだまだ自主荷役が多い

 

2年連続低調に推移【航空輸送統計】19年度、国際も回復みられず

 

全国輸送が破産へ【帝国データバンク】運送業初の新型コロナ倒産

 

北海道占冠村で客貨混載開始【ヤマト運輸】村営バスで乗客と宅急便を

 

富士通のスーパーコンピューターの搬入完了【DHLサプライチェーン】石川県から神戸市まで輸送

 

 

 

 

【2020年7月10日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri