7月 3日 2020年

積載違反をゲートでチェックする自動軸重計測器は、軸重計手前の減速やエアサスペンションの状態によって、計測重量に1割以上の増減が出ることが、全日本トラック協会(坂本克己会長)、日本貨物運送協同組合連合会(吉野雅山会長)らの実測調査でわかった。

 

 

 

物流現場の効率化を【JPR】パレットとバース予約を同時に管理

 

面積表示を統一へ【RSA】業界標準を目指す

 

10月1日に事業譲受【フェデックス日本法人】TNT2社から

 

100年のあゆみを展示【ヤマトHD】ヤマトミュージアム開設

 

DX推進を徹底へ【白書】国土交通行政の方向性

 

9月にトラックターミナル関西が竣工【名鉄運輸】淀川支店が移転

 

名古屋センターを新設【トッパン・ファームズ】中部エリアの拠点再編

 

積載率向上へ工夫続く【物流現場訪問・NLJ相模原センター】参画増え、スキーム構築加速

 

 

 

【2020年7月3日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri