6月 23日 2020年

日本ロジスティクスシステム協会(JILS)に設置された「食品ロジスティクス研究会」は、登録企業からのアンケートをもとに新型コロナウイルス感染症への対応(課題と対策)をまとめた。受注も含め完全在宅勤務に移行するための対策、SCMリスクの共有、絶対に止められない業務の可視化などについて言及している。

 

 

 

海コンを鉄道に連結 FLなど3社トライアル

 

駐車スペース確保を【全流協】国交省に提言 W連結トラック活用拡大で

 

駐車予約で実験 今年度末【浜松いなさなど6カ所】W連結用に導入へ

 

4品目が大幅に減少【交通政策白書】トラック輸送量 20億トン減の大半占める

 

【ヤマト総研】初の懸賞論文募集で12の受賞作品を表彰

 

チルドスペース増床【福岡運輸】船橋営業所リニューアル

 

敷地面積2・5倍に【日通商事】新仙台工場が竣工

 

【JR貨物】積替ステーション 7月、新座タ駅構内に開設

 

【航空貨物】成田 4月輸入は7%増   関空 5月も1割減続く

 

ローカル5Gを物流倉庫に NTT東日本など3社が連携

 

 

 

 

【2020年6月23日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri