6月 19日 2020年

ウィズコロナ社会に向けた構造転換が始まろうとしている。1つはデジタルトランスフォメーションであり、感染の第2波に備えアナログ業務をできる限り減らしていくこと、その前提として約束事の統一がある。2つ目にサプライチェーンの再構築が挙げられている。

 

 

 

スマホ操作で完結【日本郵便】AIが配達ルート作成

 

在庫積み増しが最多【CBRE】コロナによる影響調査、次が自動化の加速

 

小型電気自動車を共同開発【佐川急便とASF】2021年に量産車の開発設計を計画

 

配達員確保へ三輪スクーターを導入【日本郵便】ホンダ製のジャイロキャノピーを

 

飲酒運転を「させない」【全ト協】指導監督強化を要請

 

トラック倉庫以外年度末に急減【2019年度貨物輸送量】消費増税とダブルパンチ

 

策定済みは16.6%【帝国データ・企業のBCP意識調査】想定リスク感染症が1位(運輸・倉庫)

 

貿易物流プラットフォームを設立【山九など3社】ワンストップでサービス提供

 

立会人不要のアルコール検査サービス提供【タニタ】顔認証などでなりすましを防止

 

 

 

【2020年6月19日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri