6月 9日 2020年

社会資本整備重点計画、交通政策基本計画、地球温暖化対策計画は最終年度を迎え、目下改定作業が粛々と進められている。3つの計画ともに、施策の進捗状況を裏付ける指標が設定されているが、このうち地球温暖化に関する指標は、目標数値とのかい離がみられ、相対的に低い評価を受けている。

 

 

 

長距離以外 米国の半分以下【内外価格差】中国とは3・43倍 全体平均並み

 

デジタル化の重要性訴え【ラクスル】Webセミナーを開催

 

物流で共同事業推進【GROUND】日本ユニシスから2億円調達

 

有人地帯飛行実現へ【ドローン】国土交通省 レベル4小委設置

 

目標達成率は鈍化【省エネ法】貨物量減も業務量増加で

 

【渋谷育英会】子どもの安全意識高揚の取り組みに協賛

 

【物流雑学辞典】第111回 複棚法

 

 

 

 

【2020年6月9日(火)付】

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri