6月 2日 2020年

経済産業省に設置された「自動走行ロボットを活用した配送の実現に向けた官民協議会」は、5月28日に第2回会合を開き、遠隔監視・操作型の公道走行実証を年内の可能な限り早期に実現するため、技術開発(センサー技術・システム連携)や技術データの収集・分析、社会受容性に向けたあり方を検討していく方針を決めた。

 

 

 

特積み2年連続減【2019年度】宅配は5年連続増を維持

 

物流大手で導入進む【業績連動型株式報酬制度】企業価値共有図る

 

【三菱ふそう】北米で新車販売を廃止

 

【キリングループロジスティクス 山田崇文社長 インタビュー】

「会社は人」がポリシー  グループ全体で物流課題を解決

 

【寄稿 コロナ禍に思う  小西昌樹氏】

仕事の仕組みを改革する絶好の機会

 

高齢労働者の労災を防げ【厚生労働省】エイジフレンドリーガイドライン

 

物流ドローン量産化【ANAとエアロネクスト】レベル4視野に

 

45~59歳は要注意【陸運業】昨年の確報値 死傷者数は高止まり

 

【福岡運輸】新北九州営業所が稼働 グループのシナジーも

 

 

 

 

【2020年6月2日(火)付】

 

 

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri