5月 29日 2020年

経済産業省の産業構造審議会通商・貿易分科会は、コロナ危機を踏まえた今後の対外経済政策のあり方をテーマに、26日にWeb会議を開き、予期せぬ緊急時にも柔軟に対応できる「効率最優先型」から「臨機応変型」へのサプライチェーン転換を図っていくことを提言した。

 

 

 

100人の社長を育てる【SBSHD】東芝ロジを子会社化、売上5千億目指す

 

熱中症の時期到来【陸上貨物運送】全体の14%を占める

 

物流施設も対象に【国内投資促進事業】7月22日まで公募

 

82%が配達員に感謝【JMRO世論調査】業務継続望むは61%に

 

今年度後続無人実証へ【トラック隊列走行】時速80キロで走行実験

 

人手不足感増す、運輸業が最多【商工会議所】同一労働同一賃金、説明できないが多数

 

BCP作成ガイドライン「第2.0版」【物流連】バージョンアップ

 

2年経て一般公開【物流連】テレワーク導入ガイドライン

 

新型コロナ融資の公募枠100億円に拡大【全ト協】当初予定の10倍に

 

 

 

【2020年5月29日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri