4月 30日 2020年

内閣府に設置された事業環境改善のための関係府省庁連絡会議は、2030年に世界銀行のビジネス環境ランキングでG20中1位を目指すための施策として、貿易手続きを含む港湾物流の円滑化を挙げ、AIターミナルを実現して2023年度までにターミナルゲート前待機時間のほぼ解消を目指す目標を設定した。

 

 

 

24日付けで大臣告示【標準的運賃】4年間の時限的措置

 

取引適正化を継続【UAゼンセン】要請に国交省が回答

 

最大200万円給付【中企庁】貨物運輸業向けに支援策

 

ほぼ横ばいの4.9%【JILS】19年度物流コスト比率、輸送費の割合58%

 

利益改善は限定的【全ト協】軽油価格再上昇が影響

 

6年ぶり21兆円台に【産業連関表】物流の国内総供給、倉庫は2兆円目前

 

AWBの取扱不要に【JAL】国内航空貨物で初、ペーパーレス実現

 

北海道の企業立地【国土強靱化施策集】促進補助事業を紹介

 

1年間かけて積載率向上やフルトレーラの効果見極める【インタビュー/梅村幸生社長・NEXT Logistics Japan】

 

 

 

 

 

【2020年4月28日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri