4月 27日 2020年

経済産業省は、物流分野における新しいモビリティサービス(物流MaaS)勉強会を昨年12月に設置し、物流の目指す将来像やその実現に向けた商用車業界の取り組みを検討した成果をまとめた。車両管理に必要となるトラックデータの標準仕様を前提に、幹線輸送・結節点・支線配送(域内~末端)それぞれで最適物流を実現する。

 

 

 

20年代後半に量産化【ダイムラー・ボルボ】燃料電池トラックで合弁

 

自主宣言924社に【ホワイト物流】契約の書面化が3.6ポイント上昇

 

なるべく1人1車で【東商提示】物流業の感染対策

 

輸出混載91万トン、25%減【19年度の航空貨物】輸入通関228万件、6.7%減

 

客室内に貨物搭載【ANA】国際線約9割運休のため

 

営業利益率△0.1%【全ト協経営分析】18年度、経常段階では黒字拡大

 

コロナ感染、療養施設で活用【ZMP】物流支援ロボットを提供

 

6.3ポイントの下方修正【IMF】実質GDP、日本は△5.2%

 

バス・トラック輸出は7.3%減【3月の貿易統計】コロナで輸出全体11.7%減

 

 

 

 

【2020年4月24日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri