4月 10日 2020年

新型インフルエンザ等対策特別措置法にもとづき、東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・福岡の7都府県に緊急事態宣言が出されたのを受け、国土交通省は全日本トラック協会に緊急物資の運送協力を要請。これを受け全ト協は坂本克己会長を本部長とする対策本部を設置し、指定公共機関と連携して対応していく。

 

 

 

IT点呼で実証実験【経済対策補正予算】国内回帰に補助金を交付

 

輸送機能の確保へ【赤羽国土交通大臣】省を挙げて取り組む

 

運賃指数は126【KIT3月】6ポイント減、コロナ影響懸念

 

宅急便18億個0.2%減【ヤマト運輸】19年度の小口貨物、メール便18.5%減

 

夏季一時金、前年上回る推移【運輸労連2020春闘】賃上げともに小規模が健闘

 

冷凍保管機能7倍に【ランテック】門司支店を新築移転

 

スマートアグリ事業に参入【カトーレック】完全人工光型植物工場を運営

 

目標達成には2割超の減が必要【総合安全プラン2020】今年が最終年度

 

都営住宅敷地内にPUDO設置【パックシティジャパン】ヤマト運輸が宅配

 

 

 

【2020年4月10日(金)付】

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri