4月 6日 2020年

日通総合研究所は、昨年12月に公表した2020年度の経済と貨物輸送見通しを改訂。前提となる2019年度の国内貨物輸送量を1.3ポイント下方修正し46億3440万トン(前年度比2.0%減)、2020年度上期は同3.4ポイント下方修正し21億7070万トン(同7.3%減)と予測、各輸送機関は2019年度を1.2~1.8ポイント、2020年度上期は0.7~4.6ポイントそれぞれ下方修正した。

 

 

 

経常利益100億円必達へ【JR貨物】2020年度事業計画、総合物流企業へ進化

 

7日に緊急経済対策【一見自動車局長】要望に即して支援

 

CVCファンドを設立【ヤマトHD】新たな成長モデル創出へ

 

関係者間の合意促す【加工食品分野】物流標準化アクションプラン策定

 

運転適正診断システム刷新【ヤマト・スタッフ・サプライ】受診時間短縮、機器の簡素化を実現

 

連絡強化を再確認【広域道路ネットワーク】基本戦略案を提示

 

年間発送初の百万本【ボックスチャーター】JITBOXチャーター便

 

海外事業拡大へ新会社【センコー】貿易事業領域を強化

 

 

 

 

【2020年4月3日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri