3月 16日 2020年

日通総合研究所は、内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)で医療品医療機器分野のスマート物流サービス実現に向けたプロトタイプのデータ基盤構築と概念検証の研究開発責任者に選定された。医療機器メーカー~ディーラー~病院、さらには病院内での物流を一元的に管理していくためのデータ基盤の構築を目指す。

 

 

 

鉄道や海運フル活用【日本通運東アジア】トラック・エア不足に対応、4サービスを提供

 

物流の回復徐々に【中国】湖北省も復業始まる

 

地下に別線を整備【首都高速】大型車の環状機能確保へ

 

6万3千㎡のシャーアラムロジCを竣工【マレーシア日本通運】

 

SF25が関東~関西間の運行区間を九州まで伸長【ヤマト運輸】

 

運賃指数は122【KIT2月」前年比5ポイント減、2年前の

水準に

 

インタビュー

お客様にしっかり向き合いBtoCの領域を担う【ヤマトホールディングス長尾裕史社長】ヤマトの強みを提案

 

 

 

 

【2020年3月13日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri