3月 4日 2020年

国土交通省に設置された加工食品分野の物流標準化研究会は、2月25日開催の第2回会合で議論の整理を行い、3月に官民アクションプランとして公表する。今後、物流標準化に取り組む①納品伝票②外装表示③パレット・外装サイズ④コード体系・物流用語の4項目について、取り組み方針と工程表を作成し、4月以降プロジェクトを発足させる。

 

 

 

【国土交通省、標準的運賃を諮問】東京~大阪 大型車は15.5万円   距離制 トレーラは19.9万円に

 

教育用資料を作成へ【国土交通省】海コン陸上輸送 元・下請間伝達促す

 

【関西エアポートと関係5社】貨物オペレーション改善へ コミュニティを結成

 

【日本通運 5G活用した実証実験】オンデマンド集荷イメージ データを多数同時に接続

 

上場を目指す VCから資金調達【ドラEVER】「物流業界を人気職種に」

 

1日から8割が稼働【JR貨物】東京レールゲートWEST 内覧会を実施

 

運賃指数は126に【KIT 1月】コロナウイルスの影響懸念

 

 

 

 

【2020年3月3日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri