2月 26日 2020年

日本通運は、Wireless City Planning(WCP)と、第5世代移動通信システム(5G)やCat.M1(IoT機器向けLTE規格)を活用し、トラックの積載状況の可視化や荷室への積み込み判定の実証実験を江古田流通センター(東京)、荷室の温度状態や積載状態の確認を奈良ロジスティクスセンターで実施している。

 

 

賃金引き上げに重点【運輸労連】同一労働同一賃金わかりやすく示す

 

月桂冠と日通京都に【国土交通省】第1回海運モーダルシフト大賞選定

 

太倉港経由を追加【日本通運】欧州発日本向けレール&シー

 

プロドライバーの健康管理・労務管理向上で事故防止へ【国交省がセミナー】

 

お客様交流会を開く【データ・テック】佐川急便が取り組みを紹介

 

RPA年40万時間削減へ【日本通運IT戦略】AI-OCR通関前入力効率化

 

いすゞ製EVウォークスルーバン1台を導入【ヤマト運輸】

 

中堅・中小物流事業者向け共同投資ファンド【DBJとSBSHDが設立】

 

 

 

【2020年2月25日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri