2月 5日 2020年

国土交通省は、ホワイト物流推進運動への賛同企業数の集計結果(昨年12月末現在)をまとめた。自主行動宣言をしたのは744社で、昨年9月末現在からさらに185社増えた。取り組み全29項目の中で、「異常気象時の運行中止・中断」と「運送契約の書面化」が昨年9月末より宣言比率を向上させている。

 

 

 

景気悪化、底みえず【日通総研短観】荷動き指数10~12月▽29  過去最低を更新

 

2月1日「ホテル櫂会」開業【センコーGHD】地域活性化に周辺整備も

 

運賃指数は130に【KIT 12月】国内景気の停滞感続く

 

点呼1分 認知機能チェック【運輸デジタルビジネス協議会】9WGが中間報告

 

【緊急リポート 受動喫煙防止の再点検を】全面禁煙は戦力低下に?

 

正々堂々と要求を【運輸労連 春闘方針】ドライバー不足 荷主にとっても深刻

 

【セイノーHD】日本初の物流事業領域専門ファンドを設立

 

電気トラックを導入【カンダHD】ESG経営強化の一環

 

 

 

 

【2020年1月31日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri