12月 24日 2019年

運輸新聞は、11月27日~29日に大阪市で開催された第1回関西物流展に出展し、ブースを訪れた来場者にアンケート調査を実施した。省人化を実現する自動化関連システムが輸送・倉庫両部門で注目を浴びている中、普及を期待するものは何かを聞いたところ、圧倒的に「無人搬送ロボット」への期待度が高かった。

 

 

 

コールドチェーン ラオスが前向き【物流専門家会合】グリーン物流 インドネシアで会議へ

 

JRと両輪で幹線輸送強化【福山通運】25㍍ダブル連結トラック追加導入

 

【JR貨物 ダイヤ改正】松山 積替ステーションに   機関車20両 モニタリング導入

 

EC物流 シェアリングへ【日立物流】ECプラットフォームセンター

 

組織再編に着手【大ト協】大阪市内を2支部に

 

全ト協副会長 辻氏に叙勲授与

 

早期情報提供要望【東ト協】5人の国交大臣表彰祝う

 

働く意欲を後押し【ヤマト福祉財団】小倉昌男賞を賞発表

 

リモコンで安全確保【日本通運】搬送支援AGVを導入

 

タイで冷蔵倉庫増設【ニチレイロジG本社】中間決算は増収増益

 

【心の栄養 論語を読もう 46】

 

 

 

 

【2019年12月20日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri