12月 13日 2019年

農林水産省は、食産業の海外展開を加速させるグローバル・フードバリューチェーン(GFVC)の新プランを策定した。国・地域別プランの中で、ロシア政府がシベリア鉄道を利用してウラジオストクからロシア西部国境まで輸送期間を7日に短縮する目標を掲げており、新たな輸送網を活用した日本食の普及が期待されるとしている。

 

 

デマレージを懸念【日冷倉協】外国人技能実習、指定業種追加を要望へ

 

共同ラウンド輸送【JPRなど3社】岡山~大分・福岡間

 

富山医薬品センター着工【日通】竣工は来年12月、延床面積1万1243㎡

 

自社単独困難、物流・荷主とも回答【東京2020物流対策】着荷主の協力が必要

 

ソーティングロボット【+A】初期費用不要で提供

 

車両の待機時間を短縮【KSL】荷降ろしをスケジュール化

 

共同輸送提案がNEDO助成に【JPRと2大学】業界横断型マッチングを

 

<日通の現場は、今・・・>

新しい物流が生まれる変化点を捉え提案【永井裕常務執行役員オートモーティブ事業支店長】

 

 

 

 

【2019年12月13日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri