12月 9日 2019年

環境省は、2015年11月に策定した「気候変動の影響への適応計画」のフォローアップ結果をまとめた。昨年は、7月豪雨をはじめ災害が相次ぎ、貨物列車の運行に影響したことから、新たに連絡調整会議を開き、貨物列車の早期再開に向けた取り組みを始めた。

 

 

 

貨物部門の削減鈍化【2018年度のエネルギー需給】2013年度比4.1%減にとどまる

 

運賃指数131に【KIT10月】景気停滞感を反映

 

横浜羽沢駅に導入【JR貨物】全国30番目のE&S

 

重要課題は待遇改善【JR貨物労連】第29回定期大会、自然災害もテーマに

 

1都3県で500台導入【ヤマト運輸】小型EVトラック、乗用車並のシート高に

 

東京営業所が優勝【SGムービング】第8回品質選手権

 

物流施設をXD活用【トランコム】求貨求車でGLPと提携

 

西東京バスと客貨混載の実証運行【ヤマト運輸】2020年の本格運行目指す

 

 

 

【2019年12月3日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri