11月 25日 2019年

東京都、東京2020組織委員会、農林水産省、経済産業省、国土交通省は、来年のオリンピック・パラリンピック競技大会期間中に都心部・東京圏広域(圏央道内側)、首都高速道路で交通量3割減を達成するため、荷主企業と物流事業者に対し、一体となって検討するよう要請する文書を5者共同で発出した。

 

 

 

物流抑制わずか5.8%【帝国データ】東京五輪意識調査 25%が検討していない

 

加工食品、紙・パルプ、建材  荷待ち改善へ中間報告

 

JR貨物 経常益100億円以上確保へ

 

横浜冷凍 新社長に松原氏

 

横浜支店チームが優勝【日本通運】第2回 引越作業コンテスト全国大会

 

兵ト協セミナー 市場の声を聴く力を

 

SiCOSを進化【三菱ロジスネクスト】新型バッテリーフォーク発売

 

【RSA】女性目線でトランクルーム多様化を討論

 

埼玉に医薬拠点相次ぐ

【日本通運】6.5万㎡の東日本センター

【三井倉庫HD】関東地区2棟目に

 

悪い荷主の公表を【自民党トラック議連】新事業法〝健康に育てて〟

 

東京店が総合優勝【佐川モータース】第2回メカコンテスト

 

 

 

 

【2019年11月19日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri