11月 25日 2019年

改正貨物自動車運送事業法のうち、事業者にかかわる部分(規制の適正化、事業者が遵守すべき事項の明確化)が11月1日から施行され、これらを具体化するため、国土交通省は12項目に及ぶ通達を発出した。地方適正化実施機関が行う巡回指導結果の報告を活用するなど、地方運輸支局による監査との連携を強化する。

 

 

 

APLLの利益改善【KWE】鳥居社長「ハイテク普及へ対応」

 

時間外労働 年3.6%減で達成【物流倉庫議連】倉庫税制延長へ意思統一

 

流山にサテライトオフィス【センコーGHD】事務系の生産性向上へ

 

20年実現へ夏に方針【自動運転】隊列走行 専用スペース確保が課題

 

不在配送回避システム開発へ【佐川急便など 電力データ使い】来年中に実証実験

 

「運びきる力」を発揮【キリンGロジ】パートナーから選ばれる会社に

 

日本文化を海外へ【日本通運】海外展開ハイウェイで支援

 

【サカイ 引越サービスコンテスト】接客と技術競う

 

【トヨタL&F サービス技能コンクール】 地域一番の物流ドクターへ

 

待機時間を10%削減 横浜港2ターミナルで検証へ

 

経常100億円以上達成を【JR貨物】グループ社長会議 一体となり取り組む

 

 

 

 

【2019年11月15日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri