11月 12日 2019年

昨年末に成立した改正貨物自動車運送事業法の4本柱のうち、規制の適正化および事業者が遵守すべき事項の明確化、すなわちトラック運送事業者自らにかかる部分が11月1日から施行された。これに先立ち、国土交通省は監査・巡回指導に関する通達を10月31日に発出。巡回指導で改善が認められない場合は1回で許可取り消しとなる。

 

 

 

【日本通運 秋田進副社長インタビュー】 支店の大規模化によって 厚みをもったスタッフを配置

 

[中間決算]

航空輸出減が続く【日本通運】売り上げ横ばいも通期下方修正

 

第2四半期で黒字に【ヤマトHD】宅急便単価上昇で微増収

 

通期経常800億円へ【SGHD】日立物流と 新たなステップへ協議

 

第51回全国トラックドライバー・コンテスト  日本一めざし、150人が技競う

【全ト協】総理大臣賞 大原選手(日立物流)    安全運転の意識向上に期待

 

【NCA】 冬期スケジュールから 路線ネットワークの一部を変更

 

モーターショーに出展【矢崎総業】モビリティ社会に貢献を

 

 

 

 

【2019年11月5日(火)付】

 

 

 

 

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri